Olympus 十二指腸スコープ(duoden scope)

十二指腸用スコープは上部/下部消化管用スコープと違い、先端部は対物レンズや照明レンズが側面に配置されている側視型です。これは、十二指腸経由で膵胆管を造影するERCP(Endoscopic Retrograde Cholangio Pancreatography:内視鏡的逆行性胆道膵管造影)や総胆管結石(胆石)の除去を行うEST(Endoscopic Sphincterotomy:内視鏡的乳頭括約筋切開術)という手技に対応するためです。鉗子が側面90度を向くようにする起上装置が内蔵されています。長さは1240mmです。

Olympus 十二指腸スコープ(duoden scope)買取りの流れ

  • STEP1お客様

    お問い合わせ

  • STEP2当社

    査定回答

  • STEP3当社

    引き取り動作確認

  • STEP4当社

    金額鑑定のご連絡

  • STEP5お客様

    受領連絡

  • STEP6当社

    お支払い

詳細はこちら
買取りお見積りフォーム

Olympus 十二指腸スコープ(duoden scope)新商品入荷時にご連絡いたします。

入荷連絡登録フォーム

ご利用ガイド

電話でのお問い合わせ

03-5225-3900

受付時間平日 9:00~17:30

お問い合わせフォームから

  1. STEP1製品を選び「お問い合わせ」をClick!
  2. STEP2お客様情報を入力し「送信」をClick!


PAGE
TOP